nomad designの【スリップストリーム フライングフィッシュ】についての軽い紹介です。
いくつかの動画がYoutubeにアップされていますが、全編英語なので要点をまとめました。
トローリングやカイトフィッシングはもちろん、英語にも詳しくないので(笑) 誤訳や変な勘違いがあるかもしれませんが、ご参考にご一読くださいませ。



〜パッケージ内容編〜


【要点】
ボディ本体 / 羽2枚(左右)/ ビス・ナット各2個  ※組みあがっています。
フック / ドライバー
ストッパー(緑玉) / 固定チューブ / 輪ゴム
十字プラパーツ(リーダーを通す時の”使わない穴埋め”用です)


〜使用上のヒント編〜


【要点】
・140mmは200lbのリーダーが、200mmは400lbまでのリーダーが入ります。
・顎下の貫通孔を使ったリグは荒れてる海でよりよく機能します。
・荒れてる状況では羽を固定した方がより良いです。
・ちょっとの違いで大きく変わることもあるので色々お試しください。
・尾部にテープで上向きに付けたフックセッティングはカジキ・マグロのトローリングで良好な結果でした。
・ベイトの群れにキャスティングしても良いです。


〜リギングオプション紹介編〜


【要点】
・140mmの下部にアシストフックを付けた物はキャスティング用のリグです。
・尾部にシングルをストッパーで固定したリグはトローリング用です。
・背中にチューブで固定したリグはカイトフィッシング用です。フロントの横アイとストッパーを使って固定してください。
・あらゆる魚に、あらゆる釣り方にお使いください。


〜リグ トローリング編〜


【要点】
マーリン狙いの2つのお勧めリグの紹介です。

1・尻尾を外した奥にある穴からリーダーを通し、必要に応じてフロントの穴を選択してください。
 フックはストッパーの緑玉で尻尾の穴に固定できます。ビニールテープなどで巻いて真っすぐ固定しても良いです。
 フックの向きは上向き下向き、どちらでも大丈夫です。
 7ノット以上の速いトローリング速度で効果的です。

2・尻尾はつけたまま下部にある穴からリーダーを通して、フックは付属の輪ゴムで尻尾に固定する方法。
 フロントの穴は必要に応じて選択ください。
 このリグは遅めの4〜5ノットのトローリング速度で、魚の居場所が分かっているなら最適です。。


〜リグ キャスティング編〜


【要点】
・折り畳み翼でキャスティングも可能です。
・キャスティング時は尾部下のアイにフックを付けてください。シングル・トレブル
・尻尾は取り外してもOK アシストフックが尻尾の見た目となります。
・フロントの縦ラインアイと尾部下部のアイは金属プレートでボディにしっかり固定されています。


〜リグ カイトフィッシング 低速トローリング編〜


【要点】※背中の溝を上手く使ってね的な動画です。
・紹介しているリギングは基本的にはカイトフィッシング用ですが、ショットガンポジションで曳く低速でのトローリングでも効果的なリグだと分かりました。
・この方法は背中の溝に付属のチューブと輪ゴムを使って固定します。
・また尾部にトレブルを追加する場合は動画の様にしてみてください。それにより魚からは針が見えない自然な外見となります。
・もちろん尾部下のアイに別途フックも着けても良いです。

〜羽の交換方法 編〜


【要点】
・交換方法は見て頂ければわかると思います。
・尾部の尻ビレは挿入で固定しているだけなので、ロストが心配な方は接着剤で固定してください。